狩野貞信筆「南宋画写し楼閣宮廷図」

狩野貞信筆「南宋画写し楼閣宮廷図」

下のサムネイル画像をクリックすると、それぞれ大きな画像をご覧いただけます。

商品番号 J730
商品名 南宋画写し楼閣宮廷図
全体サイズ
本紙サイズ
作者 狩野貞信
制作年代 1615年頃
価格 ¥600,000

画面中央の四角に、中国風の巨大な建物が描かれています。木々に囲まれたこの楼閣は、赤、青、金を基調とし、非常に煌びやかなものです。そこに遊ぶ女性たちをつぶさに観察してみると、庭には舞う者や楽器を演奏する者、書画を鑑賞する者がいます。建物の中心に描かれた円窓の中には、緑のインコに向かう女性が描かれています。このような美しい女性たちの姿に加え、雲や岩に使用された金色が、いっそう画面を華やかにしています。中国の宮廷の絢爛な様子を想像させてくれる作品です。
本作品を描いた狩野貞信は、「泰山院」「玉楽」と号します。法眼に叙せられています。慶長2年4月7日(1597年5月22日) – 元和9年9月20日(1623年11月12日)その着実な描き方や法眼に叙されていることから、狩野派に学んだ実力ある絵師と考えられ、また、歴史や故実に精通する人物と見られています。今後注目される絵師の一人です。


古美術品のため多少のキズや傷みのある場合がございます。ご来店のうえ状態を確認いただくことをお薦めします。
ご希望の場合は商品の詳細な写真をお送りしますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら

©  藤美術 All Rights Reserved.
PAGE TOP