狩野永岳筆「牡丹に孔雀図」双幅

狩野永岳筆「牡丹に孔雀図」双幅

下のサムネイル画像をクリックすると、それぞれ大きな画像をご覧いただけます。

商品番号 I210
商品名 「牡丹に孔雀図」双幅
全体サイズ 190.5㎝縦 × 51㎝横
本紙サイズ 101.9㎝縦 × 36.8㎝横 絹本彩色
作者 狩野永岳筆
制作年代 1790〜1867
価格 お問い合わせくださいませ。

富貴の花・牡丹と子孫繁栄の象徴である孔雀を描きます。定番の画題ですが、孔雀の番に加えて雛まで描かれるものはやや珍しいです。高級な顔料を使用しているため、全体の発色が素晴らしい作品です。孔雀の青が鮮烈ですが、牡丹の華やぎも引けを取りません。牡丹の色の取り合わせには、永岳の個性が表れています。種々の牡丹の表現は、京狩野の伝統を強く感じさせるものです。
 狩野永岳(えいがく・1790〜1867)は京狩野家の第9代目当主。山楽・山雪をよく学んだ上で、やまと絵の画法も導入して京狩野家を再興しました。近年は彼に焦点を当てた展覧会が開催されるなど、注目を集める絵師です。四条派の画風を取り入れたともいわれ、本作品は注目すべき一点です。


古美術品のため多少のキズや傷みのある場合がございます。ご来店のうえ状態を確認いただくことをお薦めします。
ご希望の場合は商品の詳細な写真をお送りしますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら

©  藤美術 All Rights Reserved.
PAGE TOP