山口素絢筆「撥と美人図」

山口素絢筆「撥と美人図」

下のサムネイル画像をクリックすると、それぞれ大きな画像をご覧いただけます。

商品番号 J1260
商品名 「撥と美人図」
全体サイズ 201㎝縦 × 53.9㎝横 絹本彩色
本紙サイズ 108.2㎝縦 × 39.9㎝横
作者 山口素絢筆
制作年代 1759~1818
価格 ¥2,500,000

 一人の美人が撥を前に坐っています。顔貌表現は非常に細やかで、髪や眉、睫毛は黒い線で一本ずつ表されます。輪郭や鼻の線は赤みがかり、赤い唇や肌色と相まって、あでやかな雰囲気を湛えています。着物の紋様にも絵師の技術が遺憾なく発揮されています。半襟には淡くも白色の菊や菱の紋様が入り、帯に描かれた龍、裾の繊細な露草などすべてが繊細な描写です。また、簪や撥の下の布には西洋的な陰影が感じられる点も、面白い作品です。萬野美術館旧蔵品。肉筆浮世絵大観7巻(講談社)40図掲載
山口素絢(そけん・1759~1818)は京都で活躍した絵師です。円山応挙に習い、その門人の中でも高く評価されました。美人画を得意とし、多くの作例を残しています。


古美術品のため多少のキズや傷みのある場合がございます。ご来店のうえ状態を確認いただくことをお薦めします。
ご希望の場合は商品の詳細な写真をお送りしますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら

©  藤美術 All Rights Reserved.
PAGE TOP