お多福に鶴 お祝いの図(おたふくにつる おいわいのず)

天才絵師の描くありがたき幸福

海外でも高い評価を誇る、鬼才が描くお多福と鶴。優雅に舞う美しいお多福の姿は、手にする人へ永遠の幸せを運んでくるかのようです。

〈商品紹介〉

対象物への狂気なまでの執着から「画鬼」とまで称された暁斎。本作はその彼が描きあげた、めずらしく穏やかな作品です。幸せに満ちたお多福の顔はとは対照的に、「その笑顔を絶やすまじ」と守護神のようにお多福を見守る、鋭い鶴の眼光も見どころです。暁斎の描くあたたかいイメージの作品は非常に希少価値が高く、本作はまたとない逸品です。
材質は絹本より上質で高価な絖本(こうほん)に、さらに柄を編み込んだ特殊な物に描かれています。虫食いや傷・退色が無く、保存状態が非常に良い作品です。

〈河鍋暁斎(かわなべ ぎょうさい)〉天保2年4月7日〈1831年5月18日〉- 明治22年〈1889年〉4月26日
幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、日本画家。浮世絵師の歌川国芳や、狩野派の絵師前村洞和に入門。土佐派、琳派、四条派、浮世絵など日本古来の画流も広く学ぶ。明治6年(1873年)ウィーン万国博覧会に大幟「神功皇后武内宿禰図」を送り、日本庭園入口に立てられる。埼玉県の「河鍋暁斎記念美術館」では肉筆画、版画などおよそ3200点を所蔵。

商品番号 NKA-5
商品名 お多福に鶴 お祝いの図(おたふくにつる おいわいのず)
寸法 横48.1cm×横48.4cm本紙(本紙)、横60.5cm×縦163cm(全体)
制作年代 明治7年
個数 1点
価格 1,200,000円(外税)
備考 当時の箱が付属いたします。

古美術品のため多少のキズや傷みのある場合がございます。ご来店のうえ状態を確認いただくことをお薦めします。
ご希望の場合は商品の詳細な写真をお送りしますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら

画像をクリックすると拡大表示します

画像をタップすると拡大表示します